読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想いは未来を変える

ずっと雇われ側でしたが、自分が社長になってみようと思って行動を始めました。

ウーマン起業セミナー 1回目

このたび、起業する!と決意しました。

が!!

社会に出てから20年近く経ちますが、常に雇われる側だったため

いったい何をどうしたらいいのか、まったくわかりません・・・

 

そんなとき、ふと目にしたリビング新聞に、「ウーマン起業セミナー」の記事がありました。

これだ!と思いました。いつもいつも真面目に読んでいるわけではないのに

今回はたまたま見たんです、リビング新聞

 

シックスセンスが働いたのかもしれません。

でも誰でも、必要なときには、そういうの目に入るんだと思います。

きっとそういうものだと思います。

 

定員が15名、先着順となっており、もう無理かなと思いながら、ダメ元で応募しました。

なかなか返事がこなかったので、やっぱ申込が遅すぎたか~とあきらめかけていたら、

返事が遅くなって大変申し訳ありません と連絡が入り、参加できる運びとなりました。

 

準備するものも何もかもわからなずぎて、とりあえず服装だけはキチっとしたものにして緊張感たっぷりで向かいました。

自宅から離れたことろだったので、遅れちゃ困ると早めに出たら、1時間半も早くついてしまいました・・・。

 

会場に行ってみたら、きっとこの方はもう起業されて何かをやってるんだろうな~と思う服装で、そんなオーラのある方もいました。

ラフな恰好のかたも多かったですが、何か始めているか見つけている感じでした。

私位だったと思います、現在がだたの事務員、やりたいことがまだ漠然としていて、

表現できないの。旦那の仕事のために起業したいんだけど、何を1番の売りにしたいかも、旦那が何が得意で、何をしていきたいのかもわかってなくて。。。

それなのに、自己紹介を1番目にすることになり、、、。

あとから、あー言えばよかった、こー言えばよかったの後悔ばかりの自己紹介になってしまいました。

 

休憩時間に 名刺交換してくださいねー と講師の方に言われましたが、

私には名刺がありませんでした。

ほとんどの方が持っていたような感じでした。

ある方に 今日は名刺忘れちゃったんだね~ と言われましたが、

今までの人生で自分の名刺があったのは、学生時代にプリクラのような機械で作ることのできた名刺を作った時だけです。

忘れたのではなく、気が付かなかったんです。

他の会社はわかりませんが、私の所属したことのある会社では、事務員の名刺など

作りません。。。

 

みなさんの凄さについていけず、自分の考えの無さ加減にもほとほといやになり

後半は気疲れからか頭痛がひどく、早く終わらないかなーと考えてしまいました。

あと3回あるけど、今日だけでやめちゃおうかな~とも考えてしまっていました。

 

でもね、名刺 つくりましたよ。

肩書きも何もありません、ただ名前と連絡先が載ってるだけ。

ほんとは、何かもっと書けたらいいのかもしれないけど、これが今の私の現状。

名刺にプラスして書きたいことが、今に出てくるはずなんです。

だから、今はこれでいい

この名刺をもって、来週のセミナーに参加して、名刺を渡してきます。

遅れをとってるのかもしれないけど、これが私のペース。

みんなと同じペースで進む必要なんてない。

私は私